発咳

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

発咳とは?

発咳(はつがい)とは咳(せき)をすることです。医療分野では咳嗽(がいそう)とも言われます。肺や気道から空気を強制的に排出させるための生体防御運動で、通常繰り返して起こります。咳をすることで、気道に異物が入ることを防いだり、入ってしまった異物を出しています。当然、発咳は症状の名前で病気の名前ではありません。犬は様々な原因からよく咳をしますが、猫の発咳は犬に比べ遭遇する機会はあまり多くありません。ですからキャットオナーの中には猫の咳に気づかない人も多くいますので注意してください。

そして、咳は一般に2週間以内なら急性、2週間から2ヶ月くらい続いているなら遷延性(せんえんせい)、2ヶ月以上なら慢性とその続いている期間により3つに分けれられます。

発咳の原因

 発咳の原因は様々なものが考えられます。
 まずは細菌犬伝染性気管支炎ケンネルコフ犬パラインフルエンザウイルス感染症(CPIV)犬伝染性喉頭気管炎(CAV-2:犬アデノウイルス2型感染症)の混合感染などが原因とされています)、猫ウイルス性呼吸器感染症(猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス)、マイコプラズマなどの感染症。鼻炎気管虚脱、肺炎、肺水腫などの呼吸器系疾患、異物、炎症、腫瘍、寄生虫、アレルギーなどです。猫喘息でも咳が見られます。そして、犬では特に僧帽弁閉鎖不全症拡張型心筋症フィラリア感染症などの心臓の病気でも発咳が見られますので注意が必要です。

発咳の症状

 一番の症状は発咳で、犬では「ガーガー」とか「ゴホゴホ」など大きな音がします。乾いたような音がする場合と湿気ったような音がすることがあります。これらで考えられる病気が分けられることもあります。
 また、咳の出る時間帯も診断の目安になります。夜中や明け方に多い咳は心臓病の兆候の可能性が高いものです。
 猫の発咳は一般にはなかなか分かりにくく、典型的な症状は、頭や顎を前に伸ばし、軽く舌を出しているように見えます。強い咳では床に首をすりつけるような姿勢になります。小さく「ヒッー」というような音が生じる程度ですので、犬のように大きな音はほとんど出しませんので、ご家庭では注意して観察する必要があります。原因にもよりますが発咳と共に、呼吸困難や喘鳴、チアノーゼ、くしゃみ、鼻汁などが見られることがあります。

発咳の診断/検査

 まず、問診、身体検査、触診や聴診を行います。その後、レントゲン検査超音波検査を行う必要があるでしょう。また。全身状態を把握したり病気を鑑別するために必要に応じて、血液検査血液化学検査尿検査糞便検査などを行います。
 全身状態があまりよくないとか、発咳の期間が長期におよぶ場合、気管支・肺胞洗浄検査、アレルギー検査、CT検査、気管支鏡検査などが必要になることもあります。毎日咳が出る、1日に3回以上咳が出る、1回の咳が1分以上続く場合は精査(詳しく検査)する必要があります。

発咳の治療

 治療は原因が分かれ原因に対する治療ですが、対症療法的には、抗生物質、抗ウイルス剤、鎮咳剤(ブトルファノール、マロピタント)、気管支拡張剤、抗アレルギー剤などが用いられます。
 お薬を霧状にして投与するネブライジングをすることもあります。

発咳の予防

 犬伝染性気管支炎(ケンネルコフ:犬パラインフルエンザウイルス感染症(CPIV)犬伝染性喉頭気管炎(CAV-2:犬アデノウイルス2型感染症)猫ウイルス性呼吸器感染症(猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス)、フィラリア感染症などはワクチンや予防薬できちんと予防しましょう。
 犬はフードを急いで食べることで咳をする場合があります。このような場合は、少量ずつ与えたり、早食い防止用の食器を使うとよいでしょう。また、給水ボトルが原因で咳がでることがありますので、このような場合は、床に給水皿に変え、床に置いて水を飲ませるといいでしょう。タバコは動物の呼吸器(人間にも)に悪影響です。動物と同じ空間でタバコを吸わない。吸ったら30分は近づかないことを心がけましょう。(但し、タバコは慢性発咳のリスク因子ではなかったとの報告もあり<1>

発咳の看護/その他

咳かどうか分からないとか咳のような症状を呈しているようならスマートフォンのカメラで動画を撮影し、その動画を見せてもらえると診断の助けになります。

お家に来たばかりの子犬が咳をしている場合は、ケンネルコフが疑われます。放っておくと悪化したり慢性化することがあるので、早めに当院にご相談ください。

咳には色々な病気が隠れている可能性があります、日ごろから飼育動物の様子をよく観察して、そのサインを見逃さないようにしましょう。

なお、咳以外にも以下のような症状がみられる場合は危険です。早急に当院を受診するか獣医師の診察を受けてください。

  • 口を開けて呼吸している(特に猫)
  • 舌や歯茎が蒼白
  • 横になれない
  • 横ななってぐったりしている

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら発咳になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. プライマリー・ケアのための診療指針; 147-153
  2. 伴侶動物治療指針 Vol2; 120-126:犬と猫の咳を止めたいときの治療法


<1>慢性咳嗽の犬における環境タバコ煙への曝露などの個体群統計学的所見および病歴所見

<<VMNオンデマンド>>
瀬戸口 明日香先生の「明日から役立つ」シリーズ 第9回 発咳へのアプローチ (前半)
瀬戸口 明日香先生の「明日から役立つ」シリーズ 第10回 発咳へのアプローチ (後半)
堀 泰智先生の「循環器シリーズ」 第1回 心疾患が来院した時におさえておくpoints 〜身体検査の基礎知識〜 vol.01

この記事を書いた人

福山達也