猫伝染性腹膜炎 (FIP)

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

猫伝染性腹膜炎 (FIP)とは?

猫伝染性腹膜炎:FIP(ねこでんせんせいふくまくえん:エフアイピー)は、猫に腹膜炎などを起こすウイルスによる病気です。多くの猫がこのウイルスに感染すると言われていますが、ウイルスに感染しただけでは発病しませんが、一部の猫(12%程度)で、ストレス(過度な多頭飼育、出産、栄養不良、猫免疫不全ウイルス:FIV感染、猫白血病ウイルス:FeLV感染、手術など)やその他のファクターが一緒になって発病するのだと考えられています。約7割の猫が1歳未満で発症しますが、稀ですが高齢でも見られる病気です。

猫伝染性腹膜炎 (FIP)の原因

猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因は猫コロナウイルスです。但し、このウイルスは感染してもほとんど病原性が無く、通常は無症状か軽い下痢程度です。日本にいる多くの猫が猫コロナウイルスの感染経験があると考えられています。主な感染経路は糞便や唾液の経口感染です。母子感染もしますが稀だとされています。また、ペットオーナーの衣服や靴を介して間接的に感染することも知られていますので、注意が必要です。そして、この普通の猫コロナウイルスが、運悪く猫の体内で突然変異を起こすと、強い病原性を持つ猫伝染性腹膜炎ウイルスになると考えられています。
​​​​​​​​​​​​​​人の呼吸器疾患で問題になる、SARS、MERS、新型コロナウイルス(2019-nCoV)は同じコロナウイルス科ですが、ベータコロナウイルス属で、猫伝染性腹膜炎のコロナウイルスはアルファコロナウイルス属ですので、型が違います。

猫伝染性腹膜炎 (FIP)の症状

元気消失食欲不振発熱などが見られ、徐々に痩せてきます。代表的な症状としては、病名の通り腹膜炎が一番多く、腹水により腹部が膨らんでぶよぶよした感じになります。腹膜炎が起こったものをウエットタイプと呼びます。また下痢が続くこともあり、肝機能や腎機能が悪化し、全身的に重篤な病気になりやすいものです。ウエットタイプ(全体の75%)以外では、ドライタイプと呼ばれる型があり、腹膜炎は起こらず腎臓や肝臓に肉腫(しこり)ができ、機能障害が起こります。また、さらに脳に病気が起こると、麻痺などの神経症状が出ますし、眼ではぶどう膜炎や失明、出血などが起こる場合もあります。

一般に、発病した場合はその後徐々に進行する傾向にあり、特に貧血や神経症状のあるものは死亡率は非常に高いとされています。

猫伝染性腹膜炎 (FIP)の診断/検査

問診、身体検査、血液検査血液化学検査などから疑います。他の病気との鑑別のために、必要に応じてレントゲン検査、超音波検査、腹水や胸水の検査、脳脊髄液検査などが必要になることもあります。特にドライタイプは診断が難しく、時間もかかります。FIPの抗体検査は診断の基準になりますが、判断は慎重に行う必要がります。なぜなら、多くの猫は抗体陽性でも発症しないからです。すなはち、抗体陽性であっても発症しているとは言えないので、他の症状などと総合的に判断する必要があります。

猫伝染性腹膜炎 (FIP)の治療

有効な治療方法はまだ見つかっていないので、症状を和らげる対症療法や支持療法が主体となりますが、多くの場合、発症すると数日から数ヶ月で亡くなります。

猫伝染性腹膜炎 (FIP)の予防

海外ではワクチンがあるようですが、国内では承認されていません。また、そのワクチンの効果も疑問視されているようです。

猫伝染性腹膜炎 (FIP)の看護/その他

猫コロナウイルスは乾燥した環境では7週間は存在できることが報告されています。ですので、猫のトイレやおもちゃ、敷物、靴などを介して感染が広がる可能性があります。但し、このウイルスはあまり強いウイルスではないので、消毒剤(アルコールなど)や家庭用洗剤(次亜塩素酸ナトリウム)で消毒できますので、こまめな掃除、消毒が重要です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら猫伝染性腹膜炎 (FIP)」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 猫感染症研究会ABCDガイドライン 猫伝染性腹膜炎[PDF]
  2. 伴侶動物治療指針 Vol.1; 56-60:猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療
  3. How to インターフェロンネコIFN -ωの効果 猫伝染性腹膜炎


<1>

 

この記事を書いた人

福山達也